◇システマとは◇
システマとは『自分自身を知る』こと
 
 
シアに古くから伝わる健康法や武術を元に
誰もが取り組めるように編纂したトレーニング法です。
 
 
 
 「システマ」とは
英語にすると「システム」つまり「仕組み」です

システマとは、より良い生き方をするため自分を最適化すること、

自分と関わる人や環境と和合するための仕組みを学ぶ方法です。

勝負や上下などの二極的な考え方や力を見せつける為のものではありません。
 
 
 なぜ、      武術がより良く最適な生き方をすることに結びつくのか?
そもそも武術とは「敵を倒す」ことが目的ではなく、「生き残る」ことが目的だからです。
 
戦うことやぶつかることは自分も相手も痛手を被るリスクが大です。
一時的に相手に勝ったとしてもそれによって遺恨を残せば、
戦いは繰り返され、
自分も相手も心身を消耗するばかりです。
ですから、システマでは
『戦わずぶつからず、自分も相手も傷つく事の無い
最良の道を選ぶための術を学びます』
 
 
システマのトレーニングには、
・段位や決められた道着などありません
・型や構えもありません
・格式張った作法や慣習もありません
・リアルで実践的で、とても楽しいトレーニングができます
(カナダのトロントにあるシステマ本部のwebサイトのキャッチコピーです)
システマのトレーニングは、
決まったカリキュラムを持たないので、
毎回メニューを変えて行われます。
 なぜ、          毎回メニューを変えるのか?
自分が持っている思い込みや、固定観念から自由になるためです。
世の中のルールに適応することは大切ですがルールに適応しすぎると、
ルールが変わったりルールの無い状況に置かれた時に身動きが取れなくなってしまいます。
毎回違ったメニューでトレーニングをすることで、
自分がどのようなルールに縛られてを知り自由な発想や行動ができるようになります。
 ひとつ、               疑問があると思います。
決まったカリキュラムも型も​無くてどうすればいいのか?
システマには四つの原則があります。
『呼吸・姿勢・リラックス・動き続ける』
 
様々なワークを取り組む中でこの四原則を守ります。
シンプルです!
この四原則を維持する、乱れたら修正する。
この四原則を守ることで、どのような状況でも自分の力を最大限発揮できる
心身の在り方を身に付けることができます。
  
 
 
すなわち、システマは「自由で柔軟な心身を育むためのトレーニング法」といえます。
 
2007年にミカエル•リャブコヴラディミア•ヴァシリエフがマンハッタンにある国連本部に招待され、
 システマについて解説 披露し『現代において最も人間的な武術である』と評価されました。
 
 
 
 
ヴラディミア•ヴァシリエフ
ミカエル•リャブコ